スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩



以前、妹夫婦の家に遊びに行ったときの話。

妹夫婦、なんとなく喧嘩が続いている状態で、
微妙な雰囲気が流れている。

妹は、「お姉ちゃんとこはいいよ。
だんまりじゃないし、謝るやろ。」と言う。

妹の前で、喧嘩をしたことがあるので^^;


妹の旦那、つまり私の義弟は黙り込むタイプらしい。
そして謝らない…。
でも、旦那が自分が悪かったと思った時は、
翌日にケーキを買ってきたり、早めに帰ってきたりと、
態度で反省を示している気がすると妹は言う。
でも、謝らないし、いつもうやむやになってしまい、
すっきりしないらしい。

「子はかすがいって、本当やで…。」
と三人目の子がお腹にいる妹は言う。

ええええええっ!!!!
そこまで、怒っている??

うーん、それは謝れって要求しないからでは??
私は、それは、それは、しつこく要求する。

実は私の旦那も黙り込んでしまうタイプだ。
でも、長年の我家の日本文化排除によって、
少し変わってきている。

旦那に言い続けた効果なのか、最近の喧嘩は派手にやり合う事も^^;
喧嘩中、旦那は黙り込んでしまう時もあるけど、
落ち着いたら、自分の意見を言ってくれるようになった。
私も大爆発の後、実は…と私の気持ちを訴えたりしている。

私の母は、「済んだことをいつまでも、
繰り返し話題にするのは止めなさい」と言うけれど、
私にとっては終わってない。
喧嘩が自然消滅で終わることを避けたい。
自然消滅で終わった場合は、
同じ理由で何回も喧嘩が起こっている気がするし、
気持ちがすっきりしない。

血の繋がった親子でも、言葉にしないと分からないことは
いっぱいある。
考え方も、感じ方も違うのだから当たり前だ。
でも、血が繋がっているから縁が切れたりはしない。
私は、他人同士がお互いに勘違いをしたまま、
生活を続けると、後で大変なことになると思う。


ちなみに妊婦だった妹は無事出産して、
ご機嫌に暮らしている。
夫婦仲も良い。
妊娠による感情の高ぶりってやつだろう。

でも、義弟に「実はすごく危なかったよ」って、
言ってやりたい気もする。言わないけど~



この実家帰省中に妹夫婦のところに遊びに行く予定だ。
今回はどんな話が聞けるのか…。
甥っ子達に会うのも楽しみだ。




comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

chutan

Author:chutan
毎日、笑って暮らしたい!
楽しいこと大好き。
大勢でワイワイ過ごすのも好きだけど、実は家で過ごすのも大好き。
そんな私の日々の生活・・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
~参加中1~
捨て活
~参加中2~
ステ活
最新記事
最新コメント
リンクリスト
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
total access
最新トラックバック
Link
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。