スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り出産を選ばなかったのは・・・2

私も最初はどうしようか悩んだ。
私が里帰り出産すると旦那は産後すぐの赤ちゃんに会えない。
そして、成長著しい時期の赤ちゃんに接することができないだろう。
でも、出産について未経験の旦那だけが頼りの場所より、
出産経験があり、孫の出産にも立ち会っている母のそばの方が安心だ。
旦那は、「里帰り出産しないで欲しい気持ちもあるけど、
実家に帰る方が安心と思うなら帰ればいいよ」と言ってくれた。
医者にも相談した。

かなり迷ったけど、私の精神的安定を重視することにした。
里帰り出産は、私に安心感も与えるかもしれないが、
ストレスを与える可能性もあるのだ。

姉が私より2ヶ月先に出産予定だったので、
色々と比べられていたので、。すごく嫌だった
それに考えたくはないが、妊娠中トラブルがあったので、
万が一のことを考えると、身近な妊婦の存在は嫌だろうな~と思った。
母も2人の妊婦との生活は大変ではないだろうかと思ったり・・・。
また、姉や義兄は実家に入り浸りなので、
新生児を連れた姉夫婦と過ごす時間は多いだろう。
妊娠中や産後、義兄が実家でウロウロしているのは、ちょっと・・・・。

というわけで、旦那と2人で乗り切ることにした。

大変なことも多かったけど、結果的にはすごく良かった。
思っていた以上に赤ちゃんは成長が早い。
その成長の変化を身近で見ることができなかったら、
旦那はがっかりしただろう。
立会い出産もできたし、
「ここで産んでくれて、ありがとう」って旦那に感謝された。
旦那、あんなに負担の多い生活だったのに・・・。
忘れっぽいのはいいことなのかも。
こちらこそ、ありがとう!!

産後、旦那がいぷおを溺愛している様子を見て
母は「こっちで産んで良かったね」と言ってくれた(^^)
最初、すごく反対していたのに
そう言ってもらえて、実はほっとした。

「終わりよければ全てよし」と言ったところかな。


comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

chutan

Author:chutan
毎日、笑って暮らしたい!
楽しいこと大好き。
大勢でワイワイ過ごすのも好きだけど、実は家で過ごすのも大好き。
そんな私の日々の生活・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
~参加中1~
捨て活
~参加中2~
ステ活
最新記事
最新コメント
リンクリスト
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
total access
最新トラックバック
Link
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。