スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の夫婦

私は姉や妹と比べて、長い間実家で生活していた。
旦那は結婚前から、私の実家に出入りしていたので、
父と母が一緒にテレビを見ているところや、
一緒に出掛けたりしているのをよく見ていた。

そして、結婚前に
「私の父と母のような関係に憧れる」と言ってくれた。

その時は深く考えなかったけど、
今、私達夫婦が仲良く過ごしているのは、
私達が一緒に私の両親を見ていたからかもしれない。
父は他界しているので、この話を出来ないので、
すごく残念に思う。

私の両親はとても仲が良かった。
私はそれが普通だと思っていたけど、
旦那の目にはすごく仲がよいと映ったようだ。
「年を取っても手を繋いで歩くような夫婦になりたい」
という話を聞いても、私は意味がよく分からなかった。
いつも母と父は手を繋いで歩いていたから。
だから、それが特別とは思ってなかった。

でも、今は父と母のように年を取りたいと思う。
旦那も同じ気持ちでいてくれるので、嬉しく思う。


また、両親は得意分野が違っていたので、
お互いに尊敬し合っていた。
尊敬って書くと大げさに聞こえるかもしれないけど…。

広辞苑で「尊敬する」を調べると、
「その人の言動・業績の中に非凡な点の有ることを認め、
自他の模範に足る存在として仰ぎ見ること」と書いてある。

要するにすごいと思える点があり、すごいと思うことが、
尊敬するってことだと思う。

母は、お茶、お花、洋裁、和裁、お料理など、
本格的にやっており、実生活にそれを生かしていた。
父は読書家で色々なことを知っていたが、
母は本を読まない人だったので、会話はトンチンカンな時も多かった。

でも、父は自分の知っていることを知らない母を
馬鹿にしたりしなかったし、
逆に自分の出来ないことを出来る母を尊敬していた。

お互いに尊敬し合っていた。

私もそんな夫婦になりたいと思っている。


comment

管理者にだけメッセージを送る

幸せ者

お父様お母様もステキだけどその間に生まれたchutanさんも幸せだし、旦那様がchutanさんのご両親を見て憧れるって言ったのもステキだ~。
いつか言える機会があったらお母様に2人の気持ちを伝えて欲しいなー。
若い時でなくある程度歳を重ねてからそうやって見てもらえるって本物ですよね。
夫婦の形って夫婦の数だけあっていろいろだと思うけど(肝心なのは2人が幸せだって思えることだと思うけど)娘夫婦にそんな風に思ってもらえる、その娘夫婦が自分達をお手本にして仲良しでいてくれるってすごーーーーーく幸せなことだと思う。
まさに運命の人に出合えたんだって思う。

心温まるお話をありがと(*´∇`*)

そうそう!まだ結婚もしてない娘さん時代に友達に「結婚したら尊敬し合える夫婦になりたい」って話したら「そりゃ、そーだよね。なんだこのオッサン!って思ってたら旦那の話なんて聞けないよね!」って。
尊敬っていう意味がすごいストレートで分かりやすかったわ(笑)
ごめんね、すごくいい話の後に・・・m(_ _"m)

No title

私も最近夫婦のあり方について、もやもやしていて
今までは相手の不得意な部分を改善させようと、お互いにしていたのかもしれないなーと気がつきました。
私も相手に「なんでこんなことも出来ないの?」って思っていたし、多分相手も私に対してそう思っていたんでしょうね。
そう考えると、尊敬とは真逆ですね(笑)

人間には得て不得手があって、勿論不得手を改善するという努力も必要だけれど、相手の得意な部分と自分の不得意な部分を補って、夫婦二人でひとつでも良いんじゃないかなーと少し思いはじめています。
今までの私は相手に改善ばかり求めていたから。

我が家の夫婦の形を少しずつ少しずつ模索している私です

ハナッペさんへ

私の父と母はお見合いで、父が一目で母を気に入ったらしいです^-^
父から想像できない話なんですけどねー。
お互いの言い分を聞くと色々とありそうですけど、
やっぱり仲良しでしたね~。
でも、そんな父が私の旦那に結婚前に言った言葉は、「結婚は我慢だ!」でした。
聞いた瞬間は、えっ??って、思いましたが、奥が深い言葉ですよね~。
他人同士の生活ですから、些細なことでも譲り合う気持ちが必要だし、
それを父は我慢って言ったのかなぁ~と思ったり^^

独身者の意見はストレートで正しいと思いますわ(笑)

桜さんへ

色々な夫婦があっていいと思います。
桜さんが心地よいと思える夫婦関係が桜さんの理想の夫婦だと思いますよ。
私の姉夫婦は姉が大将で、人前でも義兄に頭ごなしに叱ってます。
義兄が平気なのが、私には信じられないのですが、
二人はその関係に満足しています。
義兄は姉に教育されており、それを自ら望んでいるのです(驚)!
大事なのはお互いが満足してるってことですよね。

私は得意分野が違う方が楽だと思いますよ。
同じだと優劣がつくし、お互い譲らなかったりして疲れるから・・。
別々だとその道のエキスパートの意見だと尊重されます。
決して他人から見たらエキスパートではないにもかかわらずにです(笑)
プロフィール

chutan

Author:chutan
毎日、笑って暮らしたい!
楽しいこと大好き。
大勢でワイワイ過ごすのも好きだけど、実は家で過ごすのも大好き。
そんな私の日々の生活・・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
~参加中1~
捨て活
~参加中2~
ステ活
最新記事
最新コメント
リンクリスト
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
total access
最新トラックバック
Link
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。