スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝言

 

私はトイレが近くなっているので、夜中に数回トイレに行く。

 

そんなある夜のこと、

トイレから戻るといきなり旦那が、がばっ!と起き上がり、

どこ、行ってたん!!」と詰問してくる。

えっ・・・トイレ・・・

答えながらも、夜中にどこに行くねん!

と、突っ込みたい気持ちで一杯になったが、

旦那は超真面目な顔で聞いているので、真面目に答えた。

ふーーーん

と言って、そのまま何事もなかったように寝る旦那・・・。

 

なに?なに?なに?

 

ちょっと不満に思いつつ、私も寝た。

翌朝にその話を旦那にしたが、全然覚えてない・・・・。 

旦那、寝ぼけていたようだ。

そう、旦那はよく寝ぼけて色々なことをする。

 

 

この手の出来事は沢山あるが、未だに不思議なのは「たまご」発言だ。

 

私が夜中のトイレから戻ると、

旦那が布団の中から、ニコニコしながら

こっちおいで~、たまごちゃん~!」と、

私に手招きしていた・・・・。

 

たまごちゃん・・・・って、誰??

 

翌朝、話したけど、もちろん覚えてない。

 

なぜ、たまご?

 

私のお腹がたまごに見えたのかなぁ~」と言ってみたが、

旦那は、

そんなん思ったことなかった・・・・本当に言ってたん?」と言う。

 

言いました!!

超ご機嫌で、私をたまごちゃんと呼んでいた!

 

その後、しばらく我が家でたまごちゃんが流行った^^

 

でも、よく考えるとたまごちゃんで良かった。

他の女の名前だったら、大騒ぎになるところだった・・・・

 

 

ちなみに最近は、お腹ちゃんと呼ばれることが多い。

旦那のセンスはいまいち理解できない・・・・。 

 

 

 

スポンサーサイト

気分転換!


22~24日の2泊3日でホテル滞在型の旅行に行って来た!

最近、旦那は身体の疲れが取れないらしく、疲れた顔をしていることが多かった。
睡眠時間はたっぷり取っているのに、なぜ?
減ってしまった旦那の体重はそのままだし・・・。
5月の大型連休の時期だけど、我が家は全く関係がない。
旦那の仕事は、土日は休みだけど、それ以外は通常勤務なので、
現状維持が続きそうで、心配していた。

3月の終わり頃、私は旅行に行きたいと思っていたけど、
旦那は反対していた。
私が旅行先でウロウロしたがるから・・・・。
「ホテルでゆっくりするなら、いいけど・・・・」と言われていた。
私はホテルでのんびり過ごすのは苦手だ。
4月に入って、さすがに私もウロウロするのは疲れるし、
旅行は断念していた。

が、偶然、ネットで以前行ったことのある場所の近くに
素敵なホテルを発見!!
つまり、私が「観光したい」と思わない場所で、
私も旦那も、ここで過ごしたいと思えるホテルだ。
さらに普通電車を乗り継いで3時間ほどの距離、近場だ。

旦那にホテルのことを話してみると、私以上に乗り気になって、
我が家の旅行としては、贅沢なホテルにもかかわらず、2泊することに~。
これが大正解!!

2泊もしたのに、ホテルでずっと過ごしていた。
自分でも驚き~~。
市内から少し離れた所にあるホテルだったのも、良かったのかもしれない。
居心地の良い部屋だったし、ホテルの周りの散歩道も素敵だった。
ホテルの食事も美味しくって、大満足~。

なんと、初日は到着してすぐに昼寝タイム。
旦那は旅行前の数日は仕事が忙しく、寝不足だったので、
昼寝をしたいと言う。
私は少し付き合った後、ホテル近辺でもウロウロしようと思っていたのに
気が付いたら、ぐっすり寝ていた・・・(^^;
距離的には近い場所だったけど、乗り換えが多く、私には負担だったのか、
旅行前の数日間、旦那の帰りが遅かったので、私も寝不足だったのか・・・。

次の日も、部屋でDVDを見たり、ホテル内外をウロウロしたり・・・。
「こんなこと、家でも出来るのに・・・・」と考えたりもしたが、
滞在中、旦那は一度も仕事の話をしなかったので、やっぱり行って良かった。
旦那が完全に休日モードに切り替るには、非日常的な雰囲気が必要なのかも・・・。


土日、私が家で用事をしていると旦那は気になるようだ。
手伝わなくてはいけないと思ってしまうみたい。
私も手伝ってもらうと楽なので、ついつい甘えてしまう。
今は、あまり甘えるのも良くないなぁ~と思って反省している。
土日は、旦那が寛げるようにもう少し工夫してみようと思う。
難しいかなぁ・・・。


旅行から帰って体重を量ってみたら、旦那は2キロも太っていた。
やった~ (≧∇≦)

まぁ、私の体重に追いつくには、もう少し頑張ってもらわないとダメだけど。
なんか複雑・・・・

慣れたはずでは?

この数ヶ月、私のいびきはすごいらしい・・・・。
確かに自分のいびきの音で目が覚めることもある(^^;
鼻の粘膜が弱っているところに冬の乾燥が加わって、
鼻血がよく出ていた。
朝起きると、鼻血で鼻が詰まっている・・・ということがよくあった。

鼻が詰まる→いびき
すごく鼻が詰まる→→うるさいほどのいびき
ということみたい。

最近、鼻血は冬の頃よりはおさまっているが、
完全に止まったわけではない。
だからなのか、いびきをかいているようだ。

旦那に申し訳ないなぁ~と思って、別々に寝ることを提案したのだけど、
「いびきがないと寂しい・・・」と言う。
そして、この間は、
「chutanのいびきがなかったから、心配になった」と言われた(^^;
いったいどれだけ心配性なのか・・・・。


で、慣れってすごい~と、思って気にすることもなくなっていた。
鼻詰まりも少しおさまっていたし・・・。


が、
昨晩、晩御飯を食べながら旦那が、
「昨日のいびき、すごかったで。鼻詰まってた?」と聞いてきた。
「うん、久しぶりに寝てる間に鼻血が出ててたみたいで、
朝起きたら、鼻詰まってた。そんなにすごかった?」と私
「うん。いびき止まらんかなぁ~と思って、
必死でchutanの身体をさすっててんけど、あかんかったわ。
chutan、全然目が覚めへんし、すごい寝てた・・・」
「ごめーん。
ん?でも、前にいびきがないと寂しいって言ってたやん!」
「それは、そうやねんけどさ~。
でも、昨日は勘弁して欲しいぐらいすごかったからなぁ~」


うーん、そんなにすごいのか・・・・
出産したら、いびきはやむのか??
鼻血がおさまれば、やむような気もするけど、
ちょっと心配・・・。

衣替え2


今回の衣替えは服が増えていたので、面倒だった。
妊婦服関係が増えたから・・・・。

この冬に着た後に処分しようと思っていた数枚の服は、結局着なかった。
正確には着られなかったのだけど、収納できないし、思い切って処分した。
後、少々くたびれてきたフリース数点も、自宅用として着るかなぁ~と思ったが、
衣装ケースに入らない分は処分した。
冬の間、ほとんど自宅で過ごさなければならなかったので、
妹に譲ってもらった数枚の妊婦服で十分で、私は下着関係しか買ってない。
だからすごく増えたわけではないと思うのだけど・・・・。
妊婦服関係も処分すべき??


妹の3度の妊婦時代は4月までなので、夏服の妊婦服がない。
なので、これからの季節着る服はゆずってはもらえない。
後2ヶ月ほどのために数枚は買う必要があるし、産後の服も数点要るみたい。
つまり、また服が増える・・・。
私の服だけではなく、赤ちゃんの服も増えるから、
今後の服収納について、見直さなくてはいけないようだ。
次の引越しに備えて、なるべく物を増やしたくないのだけど、
衣装ケースを買い足すしかないのか・・・。


衣替え1


先週末に旦那に納戸の奥から引っ張り出してもらったので、
のんびりペースで衣替えを始めていた。
大抵の場合、衣装ケースを引っ張り出して2-3週間ぐらいは納戸に戻さない。
気温がまだまだ安定してない時期だから、一度に総入れ替えするのは、
無理だし、洗濯もしなくてはいけない。
衣装ケースが引き出し型でないので、面倒だけど、
いつもはケースを片隅に積んで、積んだり降ろしたりしながら、
徐々に衣替えをしていた。
が、服を入れると意外とケースは重い。
この時期、あまりやりたくない。
となると・・・・

一週間、広げっぱなし・・・・。
徐々に入れ替えをして、金曜日には一応入れ替え終了。
もう少しタンスの中を減らしたいけど、当分は無理かな。
真夏使用にするには早すぎる・・・。
セーター類の洗濯が済んでいないけど、
とりあえず、洗濯が必要な物をまとめて、一つの衣装ケースに入れた。
今回洗濯が必要なセーターは、クリーニングに出すにはもったいない気がする。
少しずつ洗うか・・・・。

洗えるのか??


来週の月曜に人が来ることが急遽決まったので、
とにかく衣装ケースは片付けたい。
寝室に積んで置けばいいかもしれないけど、
やっぱりすっきりさせたい。
2日間で全部のセーターの洗濯が終わるとも思えないし、
掃除しておきたい場所もある・・・。
が、一度片付け後、洗濯のために引っ張り出すのも面倒だ。

どうする?
どうする?





結局、洗濯してないセーターも納戸に片付けた。
落ち着いたら、少しずつ洗うことにしよう。
いつになるかわからないけど・・・(^^;

怒られた・・・

本日は雨。
外出はしないで、ちまちまと衣替えをやっている。
でも、買い物に行った方が良かったのかな・・・・?


実は、昨日旦那に怒られた。

昨日、定期健診で病院に行き、
その後、病院周辺をウロウロした。
我が家近くにはないお店が沢山あって、結構楽しい~。
体重のことを気にしつつ、ケーキとバームクーヘンを買ってしまった(^^;
で、家に帰ってから、ソファでちょっと横になったら、

寝ていたようだ・・・・・・

疲れていたのだろうけど、不思議だ。
私は昼寝が出来ない人だったのに、妊娠ってすごいと思う。
気が付いたら寝ていたって・・・・。

気が付けば、6時・・・。
出掛けるには少し遅い時間で、悩んだけど明日の天気予報は雨。
今日行かなければ、明日行く必要がある。
雨の中を出かけるのは嫌なので、食料品の買い出しに行った。
最近、野菜不足気味なので、野菜を求めて~。

買い物から帰ってきたら、旦那が帰宅していた
晩御飯、まだ作ってない( ̄□ ̄;)!!
が、旦那はその点に関しては無視~。
あれ??

玄関まですっとんで来て、
「買い物行ってたん?重かったんじゃないの?」
と言いつつ、鞄を取り上げ、
「こんなに重い買い物して、こんなん持ったらあかん」
って、マジで怒られた・・・・。

実は、丸ごとキャベツが重かった。
でも、今まではもっともっと重い買い物していたし、
これでも控えめに買っている方だと思う。
本当は果物や人参、朝食のパンも買いたかったけど我慢したのに。
褒めて欲しいと思っているぐらいだが、怒られた・・・。

運動のためにも歩く方がいいし、
毎日買い物に出かけるようにして、
重くならないように気をつけるようにしようとは、
思っているけど、なかなか難しい。
雨の日は出かけたくないし・・・・。


仕事の都合で昨日は早めに帰宅できたらしく、
旦那にすれば、もう少し私が出掛けるのが遅ければ、
一緒に買い物に行けたのに!と思ったようで・・・。
最近、帰りが遅い旦那が早く帰って来るとは思わなかったし、
本当だったら、私がもっと早く買い物を済ませておけば良かったので、
旦那はちっとも悪くないが、旦那は独りで熱く熱く怒った後、
「俺が早く帰るって連絡してれば・・・。これからは帰る前に連絡をするから!」
と、勝手に反省して勝手に誓いを立てていた。

よく分からないけど、買い物は一緒に!と思ってくれているようだ。
そのくせ、土曜に買い物に一緒に行こうと言うと
出不精の旦那は色々と言ってなかなか出かけようとしないのだけど・・・
男心は難しい。


その後、問題のキャベツで晩御飯を一緒に作って食べた。
これが激ウマ!!!
旦那の機嫌も直って、めでたし、めでたし~。


ちなみに激ウマだった料理については、また今度~!

女心?


「新婚だから若い雰囲気があるので、若いと思われている」
と、姉に言って、姉の怒りをかった私だが・・・・
その話はこちら


年齢については、自分自身がある程度の年になってからは、
あまり意識してなかったけど、姉の話を聞いて色々と考えさせられた。
もちろん、妊娠出産を考えていたので、決して年齢に無関心だった訳ではない。
が、他人からどう見られているかという点においては、
姉と比べると、最近は少々無関心だったかもしれない。
女子力が低くなっていたのか?
結婚して無頓着になっていたのか?


義兄は30代前半だが、高校生の時に
父親と間違えられた経験があるぐらいの風貌だ。
でも、義兄と話すと若い、若い~~
義兄の実年齢を知らなければ、かなり若いと思ったかも・・・。
仕事に関する考え方なども甘いし、
私の周りの年下の友人の方がしっかりしているぐらいだ。
話した後、よく義兄を見るとやっぱり肌も若い・・・・。
決して年上とは思えない。
でも、仕事の話や過去の話から、学生とは決して思わないので、
まぁ、そこそこの年齢だな・・と検討がつく。

逆もある。
若いのかな?と思っていたけど、話すとしっかりしているし、
過去の経験話からも、ある程度の年齢だろうと思って、
冷静に観察すると、目じりのしわを発見したり・・・。
大抵の場合は、その判断は当たっている。

そう、若い時には年上の人の年齢を判断できなかった私も、
年を取るにつれて判断できるようになった!

私も老けていると言われるより、
若いと言われる方が嬉しいけど、
人に年齢を聞くとき、相手が女性の場合は若目に言うのが普通だし、
それを間に受けるほど、私はおめでたくもない。
化粧品カウンターで肌がきれいとか色々言われても、
決して20代用のファンデは薦められない。
カバー力満点のファンデを勧められる・・・(^^;
お店の人は、「年のわりに・・・」という言葉を言わないだけだ。

なぜ、姉がその辺のことに気が付かないのか、
不思議でならない・・・。

もちろん、肉体的に若いのはいいことだし、
肌年齢は若い方がいいけど(^-^)、
話すと年相応に見られることは、いいことだと思う。
それだけ、自分が歩んできた人生に意味があったってことだ。

見た目だけで判断するのは通りすがりの人ぐらいで、
少しでも話をしたり、関わったりしたら、その人のバックグラウンドを
無意識のうちに考慮して判断していると思うのだが・・・

姉の若さの判断基準は見た目が全てらしいので、
若いと思われるのは非常に重要みたいだ。
(そのわりには自己アピールが巧みだと思う・・・・・。)

それが女心なのかなぁ~~と思いつつも、
違和感を感じたりする私は、女子力が低下しているのだろうか・・・。



勝負あり!

いずれはそうなるのではないかと恐れていた日が、
意外にも早くやってきた。

妊娠が分かってから、何度も安静命令が出たりして、
私は外を出歩くことを禁止されるし、家事だって制限された。
明らかに運動不足なのだけど、甘い物が食べたくて仕方がない。

今まで間食をほとんどしなかったのに、心の赴くままに食べている^^

色々な果物、たい焼き、大福に加えて

これとか
食べ過ぎ1

これとか
食べ過ぎ2

これとか
食べ過ぎ3

これとか
20090402_ケーキ
じつは、このフォークはケーキ用ではなく普通サイズ。
大きいケーキだったけど、果物いっぱいで軽かった(私基準ですが・・・)


カロリー低め?(3人分を一人で食べたけど?)
わらびもち


そして、順調に体重を増加させていた。
はっきり言って、増え過ぎていたのだけど(^^;
風邪を引いたので、少し体重増加が止まった。


一方、私の妊娠が分かってから、
旦那の家庭での仕事量が恐ろしいぐらい増大した。
それもあって、去年の秋から旦那の体重は減っていた。
なんと、いまだに少しずつ減り続けているみたいで・・・・。




とうとう、私は旦那を追い抜いた。

しかも、大差で!!


実に嬉しくない勝利だった・・・。


旦那が去年の夏頃の体重を保ってくれていれば、
まだまだ余裕だったのにぃ~~

キッチンの収納


日々の掃除もいい加減な我が家・・・。

少しは掃除もしているということで、本日はキッチンの収納について。

我が家は食器棚がない。
キッチンの備え付けの棚に食器と鍋類を収納している。
引っ越して来た当初は、鍋類を下に収納したいと思ったが、
スペースを考えるとちょっと無理だったので、
吊り戸棚の半分に鍋類を、もう半分にコップ関係、
そして、残りの食器を下の棚に収納して使っていた。

が、妊娠して判ったのは、毎日使う食器が下にあると出すのが辛い・・・・。
そして、圧力鍋を吊り戸棚に収納するのは無理。
棚の耐久性もあるけど、重い鍋を上に収納するのは絶対に無理!
と言うことで、食器と鍋類を入れ替えることにした。

年末の大掃除でこの部分は手をつけることができなかったので、
いい機会だ。

食器を入れるスペースが狭くなってしまうので、
とりあえずは、当分使う予定のないワイングラス6客を箱に入れて納戸に。
ワイングラス1

使っていなかったガラスコップ2つは処分。


そして、吊り戸棚の棚を外して、拭く。
普段の掃除でも拭いていたのだけど・・・。
直接、鍋を置いていたから、拭いても拭いても汚れが落ちない。
棚のお掃除1


もう取れないのかも・・・・と、弱気になったが、
重曹を直接振りかけて、拭き拭きすると、
ぴかぴかに!!!
棚のお掃除3

さすが重曹~!いい仕事する。

出したり入れたりして、かなりの大移動になったけど、
一応は収まった。

そう、一応は・・・・。
もう少し改良の余地があるがするのだが、
当分はこれで・・・・。

納戸も整理しないとダメなんだけど、重たい物も多いので、
なかなか実行できない(^^;


若く見える理由2


最近、姉との会話で、私は若く見られているという自慢話?が多い。

確かに昔から姉は若く見られることが多い。

が、
「同年代の友達に会ったら、とても老けていた。
私は一回りは若く見えるのに~」
という主張にちょっと引いた・・・。

今、若い妊友に同年代と思われているのは、初産だし、
9歳年下の旦那の年齢を明かしているにも関わらず、
自分の年齢を隠しているからだと私は思う。
(ちなみに、この話を旦那にすると、大笑いした後に、
 「お義姉さん、さすがやな。自己アピールが上手いなぁ~
 俺にはできん!」と、妙に感心していた。)


早く結婚して子育てしている既婚女性より、
独身生活が長い独身女性の方が若く見える傾向があると思う。
自分にかける時間もお金もあるし、出産後の色々な衰えもない。
その姉の友達は結婚15年で子供3人も育てているし・・・。

姉は結婚して、実家の近くに住んでいるので、
私から見ると親に甘えているところもあって、
それが若いなぁ~と感じることもあるし、
実際、色々な負担が減るので、生活疲れが少ない。
本人は気が付いていないけど、
私から見れば、楽をしていることが多い。
なのに私はすごくやっている!と主張するので、
ますます若いなぁ~と思ってしまう(^^;


そして、結婚生活1年と少しだから、当たり前だけど、
話の内容が若い!!
独身気分が抜けてないなぁ~。
やっぱり新婚だなぁ~と、思う。
新婚のラブラブ話という意味ではなくって、
他人との生活が始まって戸惑っている話とか、
結婚初期に生じる生活習慣の違いによる喧嘩とか・・・

それらが、姉を若く見せている要因の一つでもあるのだが、
それを言うと姉はすごく気分を害したようだ。

なぜなら、自分が若く見えるのは、
美容を保っているから!!と言う自負があるから~。
見かけだけで、若いと思われていると信じているから・・・。

確かに姉は童顔だし、若く見える努力もしているし、
服装も若いので、その効果もある。
全面否定はしない。

でも、でも、やっぱり若い人とは違う。

が、近い感じはする・・・。
なぜなら、生活疲れや生活臭さが感じられないから。


姉は、
「仕事関係者には、仕事が出来るし既婚者と思われていたぐらいだ!
落ち着いているので、子供がいると思われていた!」と、
主張するのだけど、

仕事が出来る=既婚者
落ち着いている=子供がいる
って、おかしいから・・・・・

既婚者と思われていたのは、いくら姉が若く見えても、
仕事関係者との対応が、若い女性の雰囲気がなかったからではないかと・・・・。

結局、若いと思われるのは見かけも重要だけど、
それ以外の背景とかも関与していると思う。
姉にそれを言ったら、「私は違う!」と言いたかったようで・・・・(^^;


でも、あんまり自慢するから、
ついつい指摘したくなってしまって・・・。


若い時って、年上の女性の年齢がよく分からなかったけど、
歳をとると意外と分かるようになってくる。
チェックが厳しくなるみたい・・・。
なので、同年代かそれより少し上の女性を騙せたら?
本当に若く見えているのかもしれないなぁ~と思う
今日この頃だ。


春が来た~!

3月半ばから、こんな景色を見て春が近くなったなぁ~と思っていた。
20090311_春1

が、寒がりの私としては、春が来たと言うほどではない。

たとえ、空がこんなに青くても
20090311_春2

まだまだ・・・・・






でも、これを見ると
20090402_春1

20090402_春2

春が来た~

と実感する。

残念ながら我が家の近くには桜の木がない。
これは、私の通っている病院の近くだ。
昨日、病院帰りに遠回りして見に行った。

これで、私にも春が来たような気がするから不思議だ。

若く見える理由1


私の姉は若く見えるが、若くはない。

が、
結婚1年数ヶ月の姉と話していると、
時々、若い新妻と話している??と、錯覚する時がある。

例えば、
「独身の時は週に2、3回は夜の外出があったのに、
結婚してから夜出掛けたのは2、3回だ。
妊娠してからは全く無いし、
軽い軟禁生活で、ストレスが溜まる・・・」などと言う。
ちなみに姉は今月出産予定~。

結婚生活が長ければ、2、3回と言われれば、同情もできるけど、
結婚1年目に妊娠したのだから、仕方ないのでは?
しかも、夜の外出は2、3回と言っているけど、
泊まりの仕事も何度かしていたし・・・。
実家で姉だけが泊まることもあったので、
新居に閉じ込められた生活では決してない。
純粋な夜遊びが2、3回と憤慨しているようだが、
昼間、姉が出歩いているのを知っている私としては、
なんとコメントしたらいいのか、正直困った(^^;

人より長く独身生活を楽しんだのだから、
もういいのでは・・・?と思ったけど、そうでもないらしい。
とにかく自分のしたいことを優先したようだ。

そんな話を聞くと、姉のことを若いなぁ~と思ってしまう。

プロフィール

chutan

Author:chutan
毎日、笑って暮らしたい!
楽しいこと大好き。
大勢でワイワイ過ごすのも好きだけど、実は家で過ごすのも大好き。
そんな私の日々の生活・・・

カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
~参加中1~
捨て活
~参加中2~
ステ活
最新記事
最新コメント
リンクリスト
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスカウンター
total access
最新トラックバック
Link
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。